保育士を目指す人が増えている

ワーキングマザーが増え待機児童など保育士不足が叫ばれる中、需要の高い分野として保育士を目指す人が増えています。

保育士になる前の大学選びの疑問

大学と短大の違いは何ですか?

4年制の大学と短大では取得できる免許の種類が異なります。4年制大学の免許は第一種でよりキャリアアップが図れます。

保育士の資格を取れる大学を選ぶ基準は?

保育士の資格以外に、特別支援学校教諭や臨床心理士の資格などが取れる大学は就職に有利です。

大学に通い保育士になるメリットとは?

短大や専門学校を卒業して保育士になるよりも初任給など給与面が優遇されることが多くなります。

大学で保育士を目指す場合どれぐらいの学費がかかりますか?

私立大学の場合、授業料は1年間に100万円程となるため、4年間で400万円以上かかるのが相場です。

大学で学ぶメリットとは何ですか?

4年間勉強する時間があるため、時間をかけてより深い知識を得られるのがメリットです。

将来資格を生かして働くために

女性保育士

少子化といえども、保育士というのは重要な仕事であり、資格があれば比較的誰でも働くことができます。最近では、保育士や幼稚園教諭の資格があれば、託児所で働くことができるので、資格を生かして仕事をすることを目指すのであれば、短期大学で学ぶことが好ましいです。四年制大学でも幼稚園教諭の資格を取得することが可能ですが、多くの人達が少ない学費で早く社会で働くことを目指しています。そのため、二年生の短期大学のほうが早く資格を取得して、社会に出て仕事をすることができるので、時間を有効に活用することができるのです。短期大学では、カリキュラムに従って授業を受けて、自分が必要だと感じた場合には、保育所などでのインターンシップを経験することができます。インターンシップに参加することで、実際に現場ではどのようなスキルや知識が求められるかを知ることができるため、大学での勉学により一層力を入れて励むことにつながるので良い機会です。

願書を用意すること

園児と先生

保育士の資格を短期大学で取得することを目指すのであれば、まずは願書を揃えることです。最近では、オープンキャンパスなどでも願書の配布を行っているので、短大の雰囲気を知るためにも、オープンキャンパスへ参加してみると良いでしょう。オープンキャンパスには進学相談の窓口も設けられていることから、自分が想定している資格が取得できる大学なのか、それと、カリキュラムの詳しい内容を知るための良い機会にもなります。大学関係者と話す機会を得られるので、自分の考えていることをより具体化することができるのです。短期大学では2年間の学生生活を過ごすことになるので、校内の雰囲気や設備などを見学し、自分のイメージをふくらませることができます。

広告募集中